育毛・増毛・かつらなど毛髪でお悩みの方は、仙台駅東口より徒歩3分のトーメスヘアー株式会社へ

トーメスヘアー
毛髪診断士の店
毛髪診断士
フリーダイヤル:0120-12-9676

平日10:00~18:30 / 土日祝9:30~18:00

装着方法の分類とステルスについて

カツラ・ウィッグから貼る増毛まで・・・・・髪を増やすにも、使うからにはしっかり固定したいものですが、いろんな固定方法がありますので紹介いたします。

 



普通の男性かつらや女性ウィッグでは一般的に最も多いのが金属製の金具で地毛に留める方式です。

今は大手メーカーさんを中心に貼り付けるタイプの増毛が盛んにPRされていますね。

<カツラ・ウィッグの装着方法の分類>

1、ただ載せるだけ(クシ等が付いている)
2、同上 全頭などで頭にぴったり吸い付くように作られている場合
3、両面テープ

4、強力両面テープ
5、専用の接着剤で頭皮につける(接着剤の強度・種類が多い)
6、金属製の金具(ピン、ストッパーなどと言われております)
7、特殊な取り付け方法でしっかり固定される方式(地毛への編み込みなど)
8、非金属性の留め具を使う方式(トーメスヘアーでは「ステルス」やプラピンなどがございます)
9、その他

私共では6番の金属製の留め具のほか、7番のアミコミ装着が人気です、特に8番のステルス方式という非金属製の留め具を使った商品が一番人気です。

取り扱いが簡単でしっかり固定できるところがお客様に好評のようです。

また、最新のメッシュを使って通気性を最大限に高めることも可能で大変好評です。

対象は若い方から、ご年配の方までOKです。女性の薄毛の方も増えております。

 

もう少し当社一番に人気の製品「ステルス」に関しても説明をさせて頂きます。

かつら、ウィッグも幅広い商品があり分かりにくのではないでしょうか?

また、私共独自の製品で「ステルス」という製品がございます。

これは「商品名」でもあり「装着方法」でもあります。
普通、業界ではかつらやウィッグを使うに金具を使って頭に固定する方法が多いのですが、この方法だと病院での検査の際、画像に映ってしまうので外すように現場で言われてしまいます。(レントゲン、CT、MRIなど)
しかし、その場でカツラ・ウィッグを外すのは、使う方にとってものすごい抵抗があります。

私共のスタッフも自分でMRI検査を受けた際に強くそう言われて違和感を持ったそうです。

 

ステルスだと金属ではない、ボタンのような小さな非金属製の留め具を使って地毛と製品を留めます。

この「ステルス」なら人体と撮影時の検査画像に悪影響を及ぼさないのです。

もう既にたくさんの実施例があります。

(大変残念ながら、現場の理解不足で外すよう言われるケースがあります)

着脱が簡単でしかもしっかりと留まるので安心感があります。

 

詳しくは「ステルス」のページもご覧ください。

 

 

 

スタッフブログ   2020/10/25   トーメス管理者
お問い合わせ